夏樹のゲーム日記

ゲームのプレイ日記をのんびり更新する予定のブログ。

『ツイステ』プレイ日記 #03

 
 
ツイステ生活6日目。
毎日こまめにログインしすぎて、初めて「通信速度制限」のお知らせメールが届いてしまいました。
 
※ネタバレを含みますのでご注意ください。
 
 

 
 
 

闇堕ちアズール戦

 
SR(式典服)カリム【木・無】
SR(実験着)アズール【木・火】
R(運動着)エペル【木・木】
R(制服)イデア【木・火】
SSRレオナ【木・木】※サポートカード

 
こんなメンバーで臨みました。
レベルは、カリム&アズール&エペルが37で、イデアが35、サポートのレオナおじたんが77でした。(おじたんありがとう)
 
リドル戦もレオナ戦も一回で勝てずに何周かしたのですが、アズール戦は何とか初戦で勝利! や、やったぜ!
完全にサポートのレオナのおかげだけど!!笑
 
 
f:id:umekox:20200526155048p:plain
 
 
アズールは、闇堕ち前の「もうやだ~~~~~!!!」あたりが好き(?)です。
毎日頑張ってるんだね、えらいね、よしよしヾ(・ω・`)ってなる。
 
 
 

リーチ兄弟に関する素朴な疑問

 
ジェイドとフロイドって、どっちが兄でどっちが弟なんだろう。
私の手元にはどちらのカードも無いので確認しようがないけど、パーソナルストーリーとかで言及してたりするんだろうか?
 
普段の言動からは、兄→ジェイド、弟→フロイドって感じがするけど。
 
そういえば3章で、その時の気分でユニーク魔法が当たったり当たらなかったりするフロイドに対して、ジェイドが「いつもこうだったらいいんですけどね」みたいなことを言っていた気がする。
この発言で「ジェイドめっちゃお兄ちゃんだなぁ」って思った記憶があるけど、これで逆にフロイドの方がお兄ちゃんだったら面白いな。むしろ、それはそれで萌えるな。
 
でも公式のキャラ説明であえて言及していないところを見ると、二人にとって兄とか弟とかいう概念はもはや無いってことなのかもしれません。
 
 
 

念願の4章に突入!

 
と、いう感じで3章をクリアしまして、ついに念願の4章に突入しました!
例のごとくプレイヤーランクが足りておらず、まだ4-7ぐらいまでしか進んでませんが、これから徐々にストーリーを解放していくのが楽しみで夜も眠れませんッッ(*‘ω‘ *)
 
……いや、本当に最近眠れてなくて、寝不足らしき症状で毎日体調が悪いです。(笑……ってる場合じゃない)
 
まぁそれはさておき。
ソシャゲのソの字も知らない私がゲームを始めるキッカケになったスカラビア編なので、心してかかりたいと思います。
 
ジャミルのユニーク魔法、人情に厚いカリム、元ネタのアラジン。
オーバーブロットするのは結局カリムなの? ジャミルなの? どっちなんだよおおお?!?! って感じで早く後編が読みたいけど読んだら終わってしまうからずっと実装されなくてもいいけどそんなわけないだろ早く読みたいです。
 
 
 

現在のステータス

 
現在、プレイヤーランクは27。
 
カードのレベルは高い順に、
 
 
SSRラギー……39
SR(式典服)カリム……39
R(運動着)エペル……37
SR(実験着)アズール……37
R(制服)イデア……35
SR(実験着)カリム
SR(式典服)トレイ、ルーク、ジャック、デュース



 
 
こんな感じ。
3章クリア時からほとんど変わってません。
 
4章のボス戦がどうなるかまだ分からないので、どのカードを優先的に育てるべきか迷ってます。
あぁ……SSRが欲しいなぁ……リドルくんとおじたんとアズールのSSRが欲しいなぁ……。火&火、木&木、水&水の強力なやつ欲しいなぁ……。それとは別にカリムとジェイドのSSRも欲しいなぁ……。
 
でも6月になったらジャミルのSSR来ますよね……?
それはそれだけは絶ッッッ対に 欲 し い。
 
課金しない主義なので1~2回しか回せないとは思うけど。
SSRじゃなくても、SRでもRでもいいから早くジャミルくんをお迎えしたいです泣。(まだ一枚もない)
 
 
 

ディアソムニア登場キャンペーン第二弾

 
シルバーくんとリリアちゃん実装!
一回だけ10連回しました。
 
結果 ↓
 
f:id:umekox:20200526183245p:plain
 
 
実験着のリリアちゃんがめっちゃ来ました。
実験着のシルバーくんも欲しかったけど、式典服が出たのでとりあえず良し。
 
 
f:id:umekox:20200526183352p:plain
 
 
かわいい。(かわいい)
 
SR(実験着)リリアちゃんは属性が【水&水】で重宝しそうなので、ぼちぼち育てていきたいと思います。
キャンペーンも頑張ろう。
 
 
最後まで読んでくださってありがとうございました。
 
 
 
_